読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代更年期からはじめるおすすめの脱毛法

50代を過ぎると更年期特有のホルモンバランスの崩れによる毛量が増えたという女性は要注意です。

女性の肌は年齢を重ねるごとに抵抗力が弱くなります。

その結果肌への負担が増えると同時にムダ毛の自己処理による

色素沈着や肌荒れ又は乾燥肌を起こしやすくなります。

若いときは多少の肌荒れも気にならなかったと思いますが

50代の肌はそうもいきませんので肌の健康状態をよく知る

ことが大切で最近は脱毛サロンやエステという選択をされる

50代の女性が増加中だと聞きますがその理由はムダ毛の処理

の回数を減らして肌への負担を少なくしたい、同時にエステ

の効果を試してみたいという理由があるようですが

脱毛サロンでの施術を選択するとデメリットもあります。

〇 時間が拘束される

〇 人気店では希望の日の予約がなかなか取りづらい

〇 脱毛完了までの時間が長くなる

〇 費用が思っていたよりもかかる

最近の脱毛サロンはキャンペーンなどを行い価格も下がって

きましたが通っている年齢層も若い子が中心で落ち着かない

ということもよく聞きます。

50代更年期からはじめる脱毛で別の手軽な方法はないのか?

自宅でできる脱毛器を使う方法があります。

最近の脱毛器は高性能な機種が出ていてエステサロンを超えたと

いわれる脱毛器もあります。

特に日常忙しい50代の女性には家庭用の脱毛器の方が向いている

と思いますので家庭用の脱毛器がおすすめの脱毛法になります

まずご自分で脱毛したいところを自由な空いた時間でできますし

毛周期にあわせて脱毛すれば最短で脱毛が可能。

脱毛を早く完了すれば肌への負担をなくしあとは定期的なケアだけ

なので肌への負担は早く解消されます。

もっともフラッシュ脱毛は毛根と毛乳頭に作用して脱毛する方法です

ので回数がそれなりに多くても肌への負担は1番少ない脱毛方法と

いえます。

費用面でもかなりお得です。

ご自分専用の家庭用脱毛器として使うことはもちろんですが家族と

共有するということもできます。

たとえば脱毛器本体とフラッシュ照射部分のカートリッジが交換

できるタイプならカートリッジだけをあなたと娘さんで使うとか

旦那さんも髭の脱毛がしたいと言えばカートリッジさえ購入すれば

それ以外の負担はありませんので経済的な使い方が出来ます。

脱毛サロンではこんなことできませんし家庭用の脱毛器をキチンと

高性能な機種を選べば能力の差はほとんどありません。

意外にこのことを知らない方が多いので簡単にご説明しますと

エステや脱毛サロンは医療クリニックではなく医師免許を持って

施術していませんのでフラッシュ脱毛器の出力(強さ)は家庭用の

高性能機種と大差ないのが現実です。

医療クリニックで施術する永久脱毛とは全くの別物ということです。

サロンと家庭用の違いは人にやってもらうか自分でするかの違いだけ

当然、背中など自分で目が届かないところの脱毛となるとサロンで

お願いするなどしている方もいるそうですが最近の家庭用脱毛器では

背中などにも対応した機種もあります。

家庭用脱毛器は50代の更年期からでもはじめられるおすすめの

脱毛法ですが更年期障害で治療をしている方は処方されている薬など

によって光脱毛の副作用(光過敏症)が出てしまうこともあるようで

家庭用脱毛器を選ばれるときには更年期特有の症状を相談の上

サポートのしっかりした安心して購入できる機種を選ばれることを

おすすめします。

私が使っている脱毛器はケノンという国産メーカーの機種です

f:id:kinneco:20160731095453j:plain

家庭用脱毛器のメーカーの中で最も古くから販売されている機種で

フラッシュ照射用のカートリッジの種類も豊富で購入者の口コミ

などの感想もかなりの数がありましたのでその口コミを参考に

して購入した脱毛器です。

肌への負担が気になる場合照射するレベルも10段階もありますし

シングル照射や連続照射など細かい設定もできます。

人によっては必要ないかもしれませんが美顔器というカートリッジ

を交換すれば使える光エステというのが個人的に気に入ってます。

口コミには肌の黒ずみや年齢肌にいいと書いてありますが

私は肌がやや白くなったと思って喜んでます(笑)

f:id:kinneco:20160803175436j:plain

いろいろ迷った末にケノンは購入して満足できた脱毛器です

脱毛器ケノンの詳細がわかるサイトが下記にありますので参考に

してみて下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

脱毛器ケノン