読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭用脱毛器とエステサロンの脱毛どっちがいいの?

自宅で出来る簡単な脱毛器と脱毛サロンの脱毛の違い

これから脱毛にチャレンジしようとしているあなた!

脱毛してるけどがうまくいかなかったあなた!

その脱毛方法本当に自分に合っている脱毛方法でしょうか?

何度もカミソリで剃るのが面倒・・・・・

剃ると肌荒れして毛穴がボツボツ鳥肌みたいになってしまう

脱毛後はツルツルの肌を想像しますよね

そこで自宅で脱毛器を使う方法と脱毛サロンで脱毛する方法

最初はこの2つの方法でどっちにしようか悩むと思います。

なのでまずそれぞれのメリットとデメリットを説明します。

 

    家庭でできる脱毛器のメリットとデメリット

【メリット】

● 購入したその日から好きな時間に脱毛できる

● 恥ずかしい部位も誰にも知られず脱毛できる

● 家族で使い回し脱毛ができる 

● コストパフォーマンスがいい

● 脱毛完了までの期間が短い(毛周期に合わせてできる)

 

【デメリット】

● 自分の目で確認できないところは脱毛できない

● 照射カートリッジを購入、交換が面倒

● 全身脱毛には不向き

 

   脱毛サロンのメリットとデメリット 

【メリット】

● 自己処理からの解放感

● 全身細かいところまできれいに脱毛できる

● 肌荒れのリスクが低い

● ぽっちゃりした女性は楽に脱毛できる

 

【デメリット】

● 費用が掛かる

● 予約していくのが面倒

● 施術する人によってばらつきがある

● 人によってはVIOは恥ずかしい

                   以上です

えっ!これだけと思うかもしれませんがこれだけです!

きっと家庭用の脱毛器と脱毛サロンで使う脱毛器は性能が違う

とか脱毛後のアフターが自分でするのとはかなり差があると

感じていたのではないかと思いますがそうではありません。

なぜなのか?

それは脱毛サロンは医療クリニックではないからです。

簡単に言うと脱毛サロンで使われているレーザー脱毛器は

家庭用の脱毛器と性能的には大差はありません。

医療用の強力なレーザー脱毛器を扱うには医師免許が必要だからです

大手の脱毛サロンになるとマニュアルもしっかりしていますから

施術中に肌になにか問題が生じれば信用問題を通り越して営業停止

にまで発展してしまう恐れがあるため慎重な施術を行います。

家庭用の脱毛器の場合は照射レベルも自分で調節しますから

マニュアル通りでない照射を行った場合、肌にトラブルがあっても

責任はその行った自分にあります。

なので照射レベルによって痛みの感じ方はひとそれぞれ違うこと

から家庭用の脱毛器では照射レベルを上げて脱毛する人も中には

いるようです。

当然脱毛のスピードも上がりますがあくまで自己責任なので

注意したいところです。

これまで家庭用脱毛器と脱毛サロンのメリットデメリットを

お伝えしてきましたが最終的な脱毛の仕上がりが同じなのであれば

個人的な感想ですが金銭的に余裕があり脱毛サロンに通うことが

ステータスに感じる方は脱毛サロン

とにかく脱毛することを目的にしていて労力は惜しまないという方は

家庭用脱毛器ということになるのではないかと思います。

今回比較した脱毛サロンは名前を出すと問題もあるのでどこというこ

とは差し控えさせていただきますが参考にした家庭用の脱毛器は

ケノンという脱毛器です。

下記の公式サイトで詳細がありますので参考にしてください

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。